Ponta PLAY

2017年2月10日 更新

787の魅力を紹介します!シリーズ(客室内編)

今回はボーイング機長による客室内の紹介です。ボーイング787はお客様が快適に過ごせるよう改良を重ねてきました。そんな客室内の工夫の数々をご紹介いたします。

524 view

ボーイング787の快適性

今までの飛行機のご利用で「喉が渇く」、「肌が乾燥する」と感じたことはありませんか? 787は客室内の湿度が平均約25%と従来値の約2~3倍となっています。この湿度を維持できる理由は、787の最大の特徴であるカーボン複合材の大量使用にあります。

カーボン複合材は剛性の向上、腐食の低下に寄与するため、客室内空間や客室の窓を大きくすること、客室与圧を高くすることや適度に加湿することなどが可能となりました。今回は、皆さまが実際に体感できる客室内における787の魅力についてご紹介します。
初めは、機内照明についてです。LED照明の採用でさまざまな照明設定ができるようになりました。メーカー設定のほか、当社オリジナルとして以下のような設定を含め20種類以上用意されております。先任客室乗務員が季節や時間帯によって照明を決定しています。
クリスマス仕様

クリスマス仕様

夏空

夏空

若葉

若葉

次は化粧室についてです。

787は軽量化を考慮して中折れ式の扉となっていますので、扉自体を押して入ります。トイレは手をかざすだけで流れます。タイムテーブルの機材表示がSS8、SS9の機材はすべての化粧室がウォシュレット式便座となっております。
 (951)

 (952)

 (955)

3番目は、ビル・地下街・劇場・ホテル・駅などでよく目にする非常口方向を示すピクトグラム(絵文字)の採用です。禁煙マークの使用は既にありましたが、非常口マークは初めて飛行機に使用されました。
機内前方の非常口方向マーク

機内前方の非常口方向マーク

最後に、大きくなった窓の日よけについてです。787は電気的に暗さを5段階に調整することができます。窓枠下のスイッチを一度押すと、現在の暗さが青色のライトで表示され、白色、灰色部分を押すことによって暗さを調節することができます。システム的には、電気に反応する特殊なジェルをサンドイッチした部材を窓のなかに挿入し、電圧に応じて暗さを変化させています。
1段階目と5段階目の暗さ

1段階目と5段階目の暗さ

因みに1段階目から5段階目の暗さにするのに要する時間は約1分です。また、客室乗務員が機内全体の窓を一斉に調節できるため、従来お客さまが就寝前に行っていたシェードを閉じる作業をすることも無くなりました。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

~飛行機はなぜ飛ぶの?~ 787の魅力をご紹介します!翼の役目編

~飛行機はなぜ飛ぶの?~ 787の魅力をご紹介します!翼の役目編

今回は、ボーイング787の現役パイロットが、飛行機が空を飛ぶ仕組みや翼の役目について語っています。
787の魅力を紹介します!シリーズ(ワイパーの働き編)

787の魅力を紹介します!シリーズ(ワイパーの働き編)

これまで何回かに分けてご紹介してきました、ボーイング787機の魅力をJALのパイロットがお伝えする人気企画です。 今回は、副操縦士の橋本が他の機材には無いワイパーの働きについて語っています。
マイルで世界一周!?

マイルで世界一周!?

今回の旅プラスなびでは、ボーイング787副操縦士の佐野が、「パイロットが使用するマイルの単位」についてお話ししています。私たちが普段使用しているマイルとはまた違った考え方があるようです!
787の魅力をご紹介します!地上走行編

787の魅力をご紹介します!地上走行編

数回に渡りご紹介してきたボーイング787のご紹介。今回は離着陸に伴う“地上での走行”について、副操縦士の村越よりお伝えさせて頂きます。
ボーイング787の魅力を紹介します!シリーズ(787-9の見分け方編)

ボーイング787の魅力を紹介します!シリーズ(787-9の見分け方編)

ボーイング787型機の中でも機種が分かれているのをご存知ですか?今回は、前回の見分け方に続いて、 ちょっとマニアックな視点での見分け方についてご紹介します!これを知っていれば、あなたも飛行機マニアの仲間入り!?
翼ノート編集部 | 1,201 view

この記事のキーワード

この記事のライター

翼ノート編集部 翼ノート編集部