Ponta PLAY

【サービス終了のお知らせ】

この度、誠に勝手ながらTiPonは2017年7月31日(月)17:00をもちまして、サービスを全て終了させていただく運びとなりました。
リリースより約1年間に渡りご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
本サービスは終了致しますが、今後もPontaサービスをよろしくお願い致します。

2017年3月23日 更新

オフィス街の真ん中でスペシャルティコーヒーを堪能!「TORANOMON KOFFEE」で至福の一杯を楽しむ

2014年のオープン以来、日本のビジネスの新たな中心地としての地位を確立した虎ノ門ヒルズ。ビジネスパーソンから観光客まで多様な人が集まる複合施設では、こだわりのスペシャルティコーヒーが味わえるんです。

15 view

「OMOTESANDO KOFFEE」から始まった対面販売によるコーヒースタンド

P.M.A.トライアングル (101513)

via P.M.A.トライアングル
かつて表参道に、古民家の一室を使い人気を博したコーヒースタンドがありました。その名は「OMOTESANDO KOFFEE」。

店名のKは、売店でおいしいコーヒーが気軽に飲めたらいいよね、という思いからキオスクスタイルをイメージし、付けられたそう。お客さまと1対1の対面式で会話を通して好みを聞き出し、好きな味を毎日飲んでいただく。そんなスタイルでしたが、惜しまれつつ閉店した「OMOTESANDO KOFFEE」でした。

オフィス街で表参道時代のスタイルを受け継ぎ発展させる

P.M.A.トライアングル (101532)

via P.M.A.トライアングル
「TORANOMON KOFFEE」がオープンしたのは2014年のこと。表参道の路地裏の古民家から一転、日本の新たなビジネスセンターである虎ノ門ヒルズに進出したのです。

「質の高いコーヒーと接客を、オフィスの方にも楽しんでいただきたい」。表参道時代と変わらぬ精神と手法で、たちまち虎ノ門周辺で働く人々の支持を得ました。

白衣に身を包んだスタッフが、店内で日夜実験をしている?

P.M.A.トライアングル (101539)

via P.M.A.トライアングル
お店は木の質感を生かした、ナチュラルな空間。「OMOTESANDO KOFFEE」の空間美を引き継いでおり、無駄なものを削ぎ落としていくミニマリズムの精神が反映されています。

スタッフのユニフォームは白衣。豆の実験やお客さまとカウンセリングをするイメージで着用しているのだとか。実際に豆のブレンドなどお店でも“実験”をしているようです。

人気メニューは、エスプレッソとミルクのバランスが絶妙なカフェ・ラテやカプチーノ

P.M.A.トライアングル (101548)

via P.M.A.トライアングル
15種類以上のドリンクメニューを揃える中、人気なのはカプチーノ(430円/レギュラー)やカフェ・ラテ(430円/レギュラー)。エスプレッソとミルクの絶妙なバランスが楽しめます。コーヒーをよりおいしく楽しむためのお菓子、コーヒー菓子 ベイクドカスタード(170円/1粒)などと一緒に楽しみたいですね。

一度ハマると、通わずにはいられなくなる名物メニューはコレ!

P.M.A.トライアングル (101553)

via P.M.A.トライアングル
アイスカプチーノ(560円)は、このドリンクを目当てに海外から訪れる人もいるほどの人気商品。

エスプレッソとミルクをアイスシェイクし、泡立てているのでとってもクリーミー。ミキサーにかけることで、何とも言えないふわとろに仕上がっています。それなのに、ミルクに負けないエスプレッソの存在感が味わいをグッと引き締めているのです。

バリスタに相談して味わうドリップコーヒーもはずせない!

P.M.A.トライアングル (101559)

via P.M.A.トライアングル
もちろん、ドリップコーヒーもはずせません。エスプレッソマシンで入れているアメリカーノのほか、シングルオリジンからブレンドまでハンドドリップコーヒーを揃えています。

どの淹れ方で飲もうか迷っても、バリスタたちが親身になって好みを聞いてくれるので安心です。それでも迷ったら、まずはハウスブレンドの虎ノ門コーヒー(350円/レギュラー)を試してみてください。

コーヒーの知識がなくても大丈夫。遠慮なくバリスタに相談を

P.M.A.トライアングル (101568)

via P.M.A.トライアングル
カウンター越しに対面するバリスタは、風味や香りの説明からしてくれます。豆の知識がなくても好みのテイストを伝えれば豆を選んでドリップしてくれるのです。

店主の吉岡さんいわく「バリスタはお客さまと一番近い距離で好みを聞きながら、最後にカップに入れた状態をお客さまに渡す重要なポジション」とのこと。知識豊富なバリスタが頼りがいあり!

好みの豆に出会えたら、次は自宅で淹れてみたい

P.M.A.トライアングル (101573)

via P.M.A.トライアングル
バリスタとの会話で巡り合ったお気に入りのコーヒー。そんな豆を購入できるお店「KOFFEE MAMEYA」が2017年に1月にオープン。

場所は、かつて「OMOTESANDO KOFFEE」があった場所です。購入した豆のパッケージの中には、使用する豆の量など、バリスタ目線でのアドバイスが添えられています。自宅で至福の一杯に出会うために、こちらのお店もはずせませんね。
「OMOTESANDO KOFFEE」のスタイルを引き継ぎ、対面式でコーヒー販売を行なう「TORANOMON KOFFEE」。コーヒーの知識が全くなくても、バリスタが親身になって話を聞いてくれるのでコーヒーの世界への入り口にもなっていると感じました。

オフィス街の一角で、自分たちのスタイルを貫いているこちらで至高の一杯に出会いたいですね。
【店舗情報】
「TORANOMON KOFFEE」
住所:東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー2F
営業時間:7:00~19:00
定休日:施設に準ずる
URL:http://ooo-koffee.com/toranomon.html

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

【TOKYOコーヒー日記。vol.2】「ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ」に行ってきた!

【TOKYOコーヒー日記。vol.2】「ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ」に行ってきた!

コーヒーの違いも何も分からないのに「COFFEE &」の担当になってしまった24歳新人編集者(女)。コーヒーを語れる編集者になるため、東京のコーヒーショップで「コーヒー100杯」飲んで勉強してきますー!今回は「ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ」に行ってきました。
rooVeR | 19 view
「ゴリラコーヒー 六本木ヒルズ店」新オープン!近未来的な新店舗を最速レポート!

「ゴリラコーヒー 六本木ヒルズ店」新オープン!近未来的な新店舗を最速レポート!

2015年に渋谷に日本初上陸したブルックリン発のコーヒーショップ「Gorilla Coffee(ゴリラコーヒー)」。日本第3号店となる「六本木ヒルズ店」が2017年4月27日にオープンしました。デジタルサイネージを取り入れた近未来的な新店舗にさっそく行ってきました!
rooVeR | 35 view
【TOKYOコーヒー日記。vol.1】「COUTUME 青山店」に行ってきた!

【TOKYOコーヒー日記。vol.1】「COUTUME 青山店」に行ってきた!

コーヒーの違いも何も分からないのに「COFFEE &」の担当になってしまった24歳新人編集者(女)。コーヒーを語れる編集者になるため、東京のコーヒーショップで「コーヒー100杯」飲んで勉強してきますー!今回は「COUTUME(クチューム) 青山店」に行ってきました。
rooVeR | 24 view
「一杯のコーヒーができるまでのストーリーを感じられる空間」WOODBERRY COFFEE ROASTERS店主 木原 武蔵さんの目指すお店とは?

「一杯のコーヒーができるまでのストーリーを感じられる空間」WOODBERRY COFFEE ROASTERS店主 木原 武蔵さんの目指すお店とは?

アメリカで経営学を学んでいた大学3年の時、家庭の事情で急遽帰国。その翌年、21歳という若さでWOODBERRY COFFEE ROASTERSを創業。現在は同店を含む3店舗を展開する木原さんが、サードウェーブコーヒー隆盛の先に見据えるものとは?
rooVeR | 44 view
ドラフトコーヒーって知ってる?じわじわきてる新しいコーヒー!

ドラフトコーヒーって知ってる?じわじわきてる新しいコーヒー!

最近じわじわきているドラフトコーヒーをご存知ですか?アメリカのスターバックスではすでに販売されていて人気が出ているんだとか!普段飲んでいるコーヒーとは一味違い、泡がたくさんできたドラフトコーヒーはどんな味わいなのでしょう?コーヒー好きさんもそうでない方も、ぜひチェックしてみてください。
TiPon編集部 | 283 view

この記事のキーワード

この記事のライター

rooVeR rooVeR