Ponta PLAY

【サービス終了のお知らせ】

この度、誠に勝手ながらTiPonは2017年7月31日(月)17:00をもちまして、サービスを全て終了させていただく運びとなりました。
リリースより約1年間に渡りご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
本サービスは終了致しますが、今後もPontaサービスをよろしくお願い致します。

2017年6月5日 更新

株式会社満月サービス。僕らがいつも見てる満月は誰かが設置したものなんだ…。

「はーい、ではそろそろ満月設置しまーす!…今日はこの満月です!」…そんな感じで毎夜設置しているのかなぁ。でもなんか夢がある。こんなサービスあったらやりたい。満月設置したい!

19 view

『Full Moon Service』

Erik Johansson (160352)

via Erik Johansson
もしかしたら私たちが見ている満月は38万km離れた場所にあるものでは無くて、丘の向こう側で設置されたものなのかもしれません。

スウェーデンの写真家「Erik Johansson」は、あるサービス会社が草むらの中でこっそり月を設置している瞬間をとらえました。バンのなかからゴロゴロ出てくる月はどれも表情豊か。

「今日はこれにしますか。あ、それダメダメ!それは昨日設置した!」

なんて言いながら作業しているのでしょうか?

もちろん、これは写真を加工して作られたもの。しかし、実際にこんなサービスがあると思うと、なんか夢がある。

「真っ暗な闇夜に月を設置して、人々の生活に温かい明りを灯す仕事です。」

なんて求人広告あったら、応募してしまいそう。

『Full Moon Service』を作り上げた写真家「Erik Johansson」

A post shared by Erik Johansson (@erik.joh) on

Erik Johanssonはスウェーデンの写真家。類まれなる発想力とフォトショップを駆使して今まで誰も見たことが無い世界を作り出すプロフェッショナルです。

彼が作り出す世界はなんとも幻想的で独創的。まるで絵画のようなその作品群は受け手の感性を激しく刺激します。

例えばこれらのように。
Erik Johansson (160362)

via Erik Johansson
Erik Johansson (160363)

via Erik Johansson
Erik Johansson (160364)

via Erik Johansson
Erik Johansson (160365)

via Erik Johansson
これらはすべて、彼が「フォトショップの魔術師」と呼ばれている所以。

『Full Moon Service』、どうやって作られたか知りたくない?

Full Moon Service - Behind the Scenes - YouTube

This is a Behind the Scenes video of Erik Johansson's latest photo project "Full Moon Service". Shot in late summer of 2016 a beautiful calm evening in the m...
今回の『Full Moon Service』をどのようにして制作したかを追いかけた動画「Full Moon Service - Behind the Scenes」も公開中。これをみれば、まずどのようなものを撮影して、そしてどのような作業を施して完成したかがわかります。

かなり細かい作業ですね。
ちなみに、ほかの作品たちもこのような制作過程を追った動画がチラホラアップされているので是非。

「加工」で感動できない時代に、「加工」で感動を

A post shared by Erik Johansson (@erik.joh) on

昨今、CGやフォトショップの技術が著しく進み、それによって人々は絵で感動する機会が減っています。「CGやフォトショップってすごい!」って時代は終わったんですね。

「どうせこれCGとかフォトショップでしょ?フォトショだったらなんでもできるもんね。」

そのように受け手に言われる中、クリエイターたちはどうやって人々を感動させるのでしょう。

答えはやはり「発想力」。今回の『Full Moon Service』、まさしく今まで誰も見たことが無いもの。

このアイデアが彼の頭に浮かんだ時点で、もう彼の勝利。受け手の私たちはただ感嘆のため息を漏らすことしかできません。

Erik Johansson Photo

Erik Johansson Photo
Website of Swedish surreal photographer Erik Johansson.

▼関連記事

神秘の世界に異物として置かれる鏡という名の「虚栄」…それは美しく物悲しい | rooVeR [ルーバー]

神秘の世界に異物として置かれる鏡という名の「虚栄」…それは美しく物悲しい | rooVeR [ルーバー]
美しい塩湖にぽつりと顔をのぞかせる「異物」…その名も「虚栄」。美しくもどこか物悲しいこの作品を見て、受け手は一体何を感じ取るのであろうか。オーストラリアの写真家が作成した幻想的なポートフォリオ。

誰もいないセントラルパーク…不眠症の写真家が10年間見てきた、セントラルパークの「もうひとつの顔」 | rooVeR [ルーバー]

誰もいないセントラルパーク…不眠症の写真家が10年間見てきた、セントラルパークの「もうひとつの顔」 | rooVeR [ルーバー]
誰もいない、笑い声が聞こえない、美しいいつものセントラルパークじゃない。だれも見たことが無いこの公園の一面を10年間、見続け写真に収めた写真家がいます。重度の不眠症を抱えた彼が写し出すセントラルパークの「もうひとつの顔」とは。

パイロットが普段どんな景色見てるか知りたくない?ストームパイロットが写真に収めた空から見る嵐 | rooVeR [ルーバー]

パイロットが普段どんな景色見てるか知りたくない?ストームパイロットが写真に収めた空から見る嵐 | rooVeR [ルーバー]
嵐を観測する職業「ストームパイロット」。危険を顧みず嵐を追いかけて撮影したその写真は彼らしか撮ることができないとても貴重なもの。これをみると、自然の力を思い知らされます。

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

過酷すぎる!ナイアガラの滝でかき氷を削る仕事!?宇宙で新惑星の開拓をする仕事!?

過酷すぎる!ナイアガラの滝でかき氷を削る仕事!?宇宙で新惑星の開拓をする仕事!?

日本ワーキング・ホリデー協会が、4月1日に掲載した求人情報。そこには、過酷すぎる条件で溢れた仕事が…。とはいえ、転職活動をしている方は要チェックです。
rooVeR | 19 view

この記事のキーワード

この記事のライター

rooVeR rooVeR