Ponta PLAY

【サービス終了のお知らせ】

この度、誠に勝手ながらTiPonは2017年7月31日(月)17:00をもちまして、サービスを全て終了させていただく運びとなりました。
リリースより約1年間に渡りご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
本サービスは終了致しますが、今後もPontaサービスをよろしくお願い致します。

2017年3月31日 更新

地方在住者だから分かる!オススメ田舎の子育て【フランス編】

都会での子育ては便利、でも子どものためには自然に囲まれた田舎での子育てもよいのかも……。都市在住のパパママなら、自然溢れる場所での子育てについて一度は思いを馳せたことがあるのでは?、フランス・アルプス地方在住の筆者が、田舎での子育てをオススメします。

15 view

自然へのアクセスのしやすさ

 (46752)

Andrew Mayovskyy / Shutterstock.com
地方在住の魅力は、何といっても自然へのアクセスのよさ。

どこに住むかによってもちろん変わってきますが、山でも海でも、数時間かけてアクセスしなくてはいけない都会とは違い、ほんの短時間で自然に触れることが可能です。

フランスのアルプス山脈に囲まれ生活しているわが家では、毎週末家族でアウトドアに出かけています。車を使わずとも1時間ぐらいで山へハイキングができる環境なので、常に週末は「どこの山に行こうか?」「何をしようか?」とやりたいことでスケジュールが埋まっていきます。

また夏や冬などは、サマースクールやウィンタースクールなど、子どもが自然を楽しめる活動が充実しているのも魅力です。

生活費、物価が安い

 (46753)

anucha maneechote / Shutterstock.com
家賃、食費などなど、都会に比べて圧倒的に安いです。

もちろん、都会に比べると収入が少なくなる場合もありますが、収入が下がったとしてもその分出費が抑えられるので、都会にいるときよりも家計に余裕ができるかもしれません。

子どもが1人、2人、3人と増えていき、たとえ大家族になったとしても、家計にかかる負担を軽減できる余地があるのも、地方生活のよさでしょう。

地産地消

 (46754)

Romrodphoto / Shutterstock.com
毎日食べる食材をスーパーで買うことが多い都会。ならば当然、【どこの誰がつくったか】【どんな風に作物が育てられているのか】ということまで把握するのは難しいですよね。

田舎で生活すると、生産者との距離が近いのも魅力的。

筆者が市場(マルシェ)で買っている野菜や果物は、そのときどきの旬のもので、20km以内の畑で採れたものだったり、【どこの誰がつくったか】などももちろんわかります。

さらに、庭や畑付きの家などに住めば、自分たちで食物を育てることも可能です。実際に農園や畑を訪れたり、自分たちで栽培することで、子どもの食育にもつながりますよ。

共同体での子育て、横のつながりの持ちやすさ

 (46755)

ESB Professional / Shutterstock.com
「人口が多い都会にいた方が知り合いも友だちも多くなる」かというと、そうとも限りませんよね?

人口が少ない地方にいた方が、かえって知り合いや友だちが多くなったり、地域の人々との交流や活動が活発になることもあります。

フランスの地方に住む筆者も、パリなどの大都会に比べて日本人が圧倒的に少ない環境の中はじめは不安でしたが、同じ日本人やママ友、アジア系の友だちなど共通点を持つ人とはすぐに打ち解けられたり、小さい街なので頻繁に会える環境にあり、都会に住むよりもかえって横のつながりが持ちやすいと感じています。

まして子どもがいると自然と声をかけられることも多くなり、「また大きくなったね〜」などと会うたびに声をかけてくれたり、子どもがだだをこねて困っている時など、代わりにあやしてくれたりすることも……。

いろいろな人に見守られ、助けられつつ育児できる環境にいることを実感します。

家族の時間が増える

 (46756)

Halfpoint / Shutterstock.com
個人差もあるでしょうが、都会にいるときに比べ、圧倒的に仕事や会社での付き合いや友人との付き合いが少なくなり、家族で過ごす時間が増えました。

地方では都会に比べて、まわりに商業施設が少なかったり、外部のイベントが少なかったり、まして都会から移住した人は知人や友人が少なくなったり……と、デメリットに映るかもしれません。

しかし決してそうではないはず。その分、「自分たちで何か面白いことができないか」と家族で話し合ったり、自主的に活動できる機会がつくれるよさがあるわけです。

最後に

 (46757)

Monkey Business Images / Shutterstock.com
ずっと都会で育った筆者。はじめは地方での暮らしでやっていけるのか不安がありました。それがいざ住んでみると、都会では味わえない魅力を日々発見しています。

たまに都会が恋しくなることもありますが、「都会が恋しくなったら旅行で行けばよい!」と思えるぐらい、地方での暮らしを満喫しています。

【一度きりの人生】であり、子どもがどんどん成長していく中での【一度きりの子育て】。後悔する前にそれぞれの家庭にベストの環境を選べるとよいですよね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

日本発の人気絵本『くまのがっこう』シリーズからおすすめの5選

日本発の人気絵本『くまのがっこう』シリーズからおすすめの5選

『くまのがっこう』シリーズは、12匹のこぐまたちが繰り広げる日常を描いた人気の絵本。おしゃれでかわらしい絵とほっこりするお話から大人にもファンが多く、外国語翻訳版も複数出版されています。今回はそんな『くまのがっこう』シリーズのなかから、末っ子ジャッキーが活躍するおすすめの絵本を紹介します。
Chiik! | 15 view
子どもがいる家庭は必見!リビング学習のメリットとデメリット

子どもがいる家庭は必見!リビング学習のメリットとデメリット

最近はあえて子ども部屋を設けず、フリースペースやリビングを活用して子どもを勉強させるリビング学習というおうち知育が注目されています。リビング学習とは何なのか、そして実践するにあたってのメリットとデメリットを見直してみましょう
Chiik! | 36 view
子ども3人は大変。それでも私が3人産んで良かったと思うこと

子ども3人は大変。それでも私が3人産んで良かったと思うこと

私には3人の娘がいます。現在大学生、高校生、中学生。子育てはほぼ終盤ですね。「働きながら3人も育てるなんて大変でしょう!」と何度も言われました。実際かなり大変でしたが「やっぱり3人で良かった」と思っています。良かったことをまとめてみます。 あ、その前にひとつだけ言っておきましょう。「3人産むのがベスト!」なんて主張するつもりはありません。子どもを何人産むかは個人的なこと。1人、2人、3人、4人以上…さらに産まないという選択もあるでしょう。自分の人生ですものね。何人だっていいんです。
camily | 56 view
がんばれ!あとちょっと!末っ子が3歳過ぎると子育てはラクになりますよ

がんばれ!あとちょっと!末っ子が3歳過ぎると子育てはラクになりますよ

先日、2歳と0歳のお子さんのいる方から「一番下の子が3歳になると子育てが楽になるってきくけどホント?」と聞かれました。「何がどう楽になるの?」という疑問にお答えしましょう。
camily | 40 view
ひとりっ子はかわいそう、を封じる「返し」あれこれ

ひとりっ子はかわいそう、を封じる「返し」あれこれ

子どもがひとりだとあるのが「ひとりっ子はかわいそう」攻撃。余計なお世話ですが、うまく言い返せなくてモヤモヤしてしまうこともありますよね。どう返せばいいのでしょうか。考えてみました。
camily | 55 view

この記事のキーワード

この記事のライター

Chiik! Chiik!