Ponta PLAY

2017年4月29日 更新

駅チカ!ゴールデンウィークに家族と行く関西のお出かけスポット

関西にお住まいの方の中には、ゴールデンウィークに家族でお出かけしようと計画を立てている方も多いはず。そこで今回は、ゴールデンウィークに家族と行く関西のお出かけスポットを5つご紹介します。最寄駅から徒歩すぐのスポットばかりなので、電車でのアクセスがおすすめです。

16 view

神戸どうぶつ王国

関西の中でも人気の神戸エリアにある、「神戸どうぶつ王国」。動物とのふれあいが楽しめるお出かけスポットとして人気があります。

カピバラやカンガルー、ペンギンといった動物に、餌やり体験などを通じて触れることができるので、子どもも大喜びしてくれること間違いなしです。
施設内には、珍しくて美しい花々も植えられているので、植物園的な楽しみ方もできますよ。

なお、施設は室内中心なので、雨天時のお出かけスポットとしても最適です。
【営業時間】
・3月~11月末日
平日 午前10:00~午後5:00(入場は午後4:30まで)
休日 午前10:00~午後5:30(入場は午後5:00まで)
※ゴールデンウィーク中は営業時間が変更されます。

【休園日】
毎週木曜日
※ゴールデンウィーク中は除く

【入園料】
大人:1,500円
小人:800円
4歳、5歳:300円

【所在地】
神戸どうぶつ王国
兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9

【アクセス情報】
・電車
神戸新交通ポートライナー京コンピュータ前駅 徒歩すぐ
・車
阪神高速3号線 京橋IC 約15分
駐車場あり(普通車500円)

【電話番号】
078-302-8899

ひらかたパーク

雨の#ひらパー#桜がきれい

A post shared by たかはし よしこ (@yoshicosmo) on

V6の岡田准一さんが“超ひらパー兄さん”に就任したことでも話題の「ひらかたパーク」。関西では、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に次いで2番目に人気のテーマパークです。

ひらかたパークの魅力は、身長制限のないアトラクションが多い点。小さな子どもと大人が一緒になってアトラクションを楽しむことができるので、家族みんなで充実した時間を過ごせます。
もちろん、大人向けの大型アトラクションもたくさんあるので、大きな子どもがいるご家族や絶叫好きのご夫婦にもおすすめです。
【営業時間】
平日 午前10:00~午後5:00
休日 午前10:00~午後6:00
※ゴールデンウィーク中のみ午後7時閉園

【休園日】
不定休
公式HPの営業カレンダーをご確認ください。

【入園料】
大人:1,400円
小人:800円

【所在地】
ひらかたパーク
大阪府枚方市枚方公園町1-1

【アクセス情報】
・電車
京阪本線枚方公園駅 徒歩約3分
・車
阪神高速守口線 守口方面最終出口すぐ
駐車場あり(普通車1,500円)

【電話番号】
072-844-3475

天王寺動物園

関西の中でも古い歴史を持つ「天王寺動物園」。大正4年に開園した、日本で3番目に古い動物園です。

園内には鳥の楽園、ホッキョクグマ舎、アジアの熱帯雨林、コアラ館、ふれあい広場、アフリカサバンナ、カバ舎、トラ舎などのエリアがあり、1日を通して様々な動物を見ることができます。
ライオンやトラ、コアラやホッキョクグマなどの珍しい動物も多いので、大人から子どもまで、家族が一緒になって遊べるスポットです。

なお、天王寺動物園の近くには、通天閣や新世界もあります。大阪の下町観光を楽しんでから帰宅するのもおすすめですよ。
【営業時間】
午前9:30~午後5:00(入園は午後4:00まで)
※5月中の土・日・祝は午後7時閉園(入園は午後5時まで)

【休園日】
月曜日

【入園料】
大人:500円
小人:200円

【所在地】
天王寺動物園
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108

【アクセス情報】
・電車
大阪市営地下鉄御堂筋線動物園前駅 1号出口徒歩5分
大阪市営地下鉄堺筋線恵美須町駅 3号出口徒歩5分
・車
阪神高速松原線天王寺ICからすぐ
駐車場なし(天王寺公園の駐車場が利用できます)

【電話番号】
06-6771-8401

みさき公園

⋆ みさき公園のイルカショー🐬

A post shared by haruharunicotto_yukina (@harunico7) on

和歌山県との県境付近にある「みさき公園」は、遊園地と動物園が一緒になったテーマパーク。

2017年のゴールデンウィーク期間には、「恐竜動物園2017」や「プリパラツアーズinぴさき公園」といったイベントも開催されており、恐竜好きの子どもや、ゲーム・アニメ好きの子どもたちにぴったりです。
また、大阪で唯一、イルカショーを見ることができる公園なので、大人でも十分に楽しめます。

お弁当の持ち込みもOK。芝生の上にシートを敷いて、ピクニックがてら昼食を楽しむのもおすすめです。
【営業時間】
午前9:30~午後5:00(入園は午後4:00まで)
※5月中の土・日・祝は午後7時閉園(入園は午後5時まで)

【休園日】
月曜日

【入園料】
大人:500円
小人:200円

【所在地】
みさき公園
大阪府泉南郡岬町淡輪3990

【アクセス情報】
・電車
南海電鉄南海線みさき公園駅 徒歩すぐ
・車
阪神高速湾岸線 泉佐野南IC 約25分
駐車場あり(普通車1,200円)

【電話番号】
072-492-1005

箕面温泉スパーガーデン

大江戸温泉物語グループが運営する「箕面温泉スパーガーデン」。日帰りでも宿泊でも楽しめる温泉テーマパークです。

家族みんなで露天風呂や豪華な食事、大衆演劇や歌謡ショーなどを楽しむことができます。近くには関西の名所である箕面滝も。運が良ければ、野生の猿に出会えることもあります。
【営業時間】
午前10:00~午後11:45(入場は午後10:45まで)

【休園日】
不定休

【入園料】
大人:(午後6時まで)平日1,580円・土日祝1,980円、(午後6時以降)平日980円・土日祝1,280円
小人:(午後6時まで)980円、(午後6時以降)680円

【所在地】
箕面温泉スパーガーデン
大阪府箕面市温泉町1-1

【アクセス情報】
・電車
阪急箕面線箕面駅 徒歩3分
・車
名神高速 茨木IC 約35分
駐車場あり(日帰り300円/60分、宿泊1,000円)

【電話番号】
0570-041-266

関西のお出かけスポットはまだまだ沢山!

今回ご紹介した場所以外にも、関西には家族とゴールデンウィークを過ごすのに最適なお出かけスポットは沢山あります。

今年のゴールデンウィークは、最長10連休!せっかくの長期休暇ですから、普段行かないようなお出かけスポットへ足を運んで、是非、家族と素敵な思い出をつくってください。

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

2017年のゴールデンウィークは関西でレジャーを楽しもう!

2017年のゴールデンウィークは関西でレジャーを楽しもう!

GW中は各地で様々なイベントが行われており、おでかけするのにぴったりな時期。連休中は仕事を忘れて、家族や恋人と楽しんで過ごしましょう。今回は、家族や恋人と楽しめるGWに行くべき関西のおすすめスポットを5つご紹介します。
ビズフル | 26 view
子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもがしっかり歩けるようになってくると、家族でのお出かけ先も広がりますね。小さい子でも安心して歩けるハイキングコースであれば、自然にふれながら体力もつくのでおすすめです。そこで、子どもと一緒に安心してハイキングができる、関西のスポットをご紹介します。
Chiik! | 17 view
ゴールデンウイークは家族でお出かけ!関東おすすめスポット5選

ゴールデンウイークは家族でお出かけ!関東おすすめスポット5選

みなさんはゴールデンウイークのご予定は決まりましたか?関東はお出かけスポットが沢山あるので、どこへ行こうか迷ってしまう人も多いはず。そこで今回は、関東で家族連れにおすすめのゴールデンウイークお出かけスポットをご紹介します。休日の家族サービスのご参考にどうぞ♪
ビズフル | 37 view
子ども料金は無料!東京の屋外イベントで「こどもの日」を楽しもう!

子ども料金は無料!東京の屋外イベントで「こどもの日」を楽しもう!

毎年、子どもが主役になる「こどもの日」。東京でも、子どもが無料で楽しめるイベントが数多く開催されます。過ごしやすい時期ですから、普段は忙しいパパママやお子さまも、外でのんびり過ごす時間にしたいですよね。そこで、家族でのお出かけにもおすすめのイベントをご紹介します。
Chiik! | 15 view
GWは「上野の森親子フェスタ2017」特集~日本モンキーセンターへ行ってみよう!

GWは「上野の森親子フェスタ2017」特集~日本モンキーセンターへ行ってみよう!

GWの5月3日~5日は、東京・上野で「上野の森親子フェスタ2017」が開催されます。約5万冊の絵本、図鑑、児童書が即売されるほか、親子で楽しめるさまざまなイベントも目白押し。でも、ちょっと東京は遠いな……という関西方面の親子は、愛知県に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。きょうは犬山市・日本モンキーセンターでのGWイベント中心にご紹介させていただきます。
Chiik! | 10 view

この記事のキーワード

この記事のライター

ビズフル ビズフル