Ponta PLAY

【サービス終了のお知らせ】

この度、誠に勝手ながらTiPonは2017年7月31日(月)17:00をもちまして、サービスを全て終了させていただく運びとなりました。
リリースより約1年間に渡りご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
本サービスは終了致しますが、今後もPontaサービスをよろしくお願い致します。

2017年3月31日 更新

子ども3人は大変。それでも私が3人産んで良かったと思うこと

私には3人の娘がいます。現在大学生、高校生、中学生。子育てはほぼ終盤ですね。「働きながら3人も育てるなんて大変でしょう!」と何度も言われました。実際かなり大変でしたが「やっぱり3人で良かった」と思っています。良かったことをまとめてみます。 あ、その前にひとつだけ言っておきましょう。「3人産むのがベスト!」なんて主張するつもりはありません。子どもを何人産むかは個人的なこと。1人、2人、3人、4人以上…さらに産まないという選択もあるでしょう。自分の人生ですものね。何人だっていいんです。

56 view

3人の子育てで、よかったこと(家庭編)

子どもがお手伝いに積極的になった

とにかく忙しかったので、積極的に子どもがお手伝いをするようになったのは良かったことのひとつですね。今では頼めば家事の戦力になってくれます。

アクシデントへの対応力が鍛えられた

1人が風邪を引くともれなく残りの2人にもうつり、体力的にしんどかったのですが、仕事のスケジューリングを見直すきっかけになりました。おかげで私は突発的なアクシデントへの対応力が鍛えられました。

とにかく賑やかで楽しかった

もうひとつ、私は子どもたちのおかげで毎日涙が出るほど笑わせてもらいました。
子どもは1人でも賑やかな生き物ですが、3人いるとそれが3倍、いや泣いたり笑ったり、歌ったり踊ったり3乗くらいのうるささになります。
さらにケンカしたときも…(以下省略)。
うるさかったし、うざかったけれど、楽しい子育てでした。3人で仲良く遊んでいるのを見て、なぜだか目頭が熱くなったこともありました。


3人の子育てで、よかったこと(保育園と学校編)

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

地方在住者だから分かる!オススメ田舎の子育て【フランス編】

地方在住者だから分かる!オススメ田舎の子育て【フランス編】

都会での子育ては便利、でも子どものためには自然に囲まれた田舎での子育てもよいのかも……。都市在住のパパママなら、自然溢れる場所での子育てについて一度は思いを馳せたことがあるのでは?、フランス・アルプス地方在住の筆者が、田舎での子育てをオススメします。
Chiik! | 15 view
日本発の人気絵本『くまのがっこう』シリーズからおすすめの5選

日本発の人気絵本『くまのがっこう』シリーズからおすすめの5選

『くまのがっこう』シリーズは、12匹のこぐまたちが繰り広げる日常を描いた人気の絵本。おしゃれでかわらしい絵とほっこりするお話から大人にもファンが多く、外国語翻訳版も複数出版されています。今回はそんな『くまのがっこう』シリーズのなかから、末っ子ジャッキーが活躍するおすすめの絵本を紹介します。
Chiik! | 12 view
話し合い、学び合う!親子でミュージアムを楽しむためにできること

話し合い、学び合う!親子でミュージアムを楽しむためにできること

美術館や博物館で騒いだりしたらどうしよう?どうやって楽しめばいいの?と迷っているパパママに、子連れのミュージアム・デビューのポイントとその後のフォローまで、素朴な疑問から悩みまで答えていただきました。子どもと一緒にミュージアムを楽しむコツをお届けします。
Chiik! | 7 view
子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもがしっかり歩けるようになってくると、家族でのお出かけ先も広がりますね。小さい子でも安心して歩けるハイキングコースであれば、自然にふれながら体力もつくのでおすすめです。そこで、子どもと一緒に安心してハイキングができる、関西のスポットをご紹介します。
Chiik! | 20 view
休日は子どもと一緒に野鳥観察。自然への興味をふくらませよう!

休日は子どもと一緒に野鳥観察。自然への興味をふくらませよう!

あたたかくなり花が咲くと、あちこちで鳥のさえずりが聞こえます。この外歩きの絶好の季節に、親子で野鳥観察をしてみませんか? 身近な野鳥の観察を通して子どもの自然(季節・いきもの)への興味をふくらませましょう。
Chiik! | 19 view

この記事のキーワード

この記事のライター

camily camily