Ponta PLAY

【サービス終了のお知らせ】

この度、誠に勝手ながらTiPonは2017年7月31日(月)17:00をもちまして、サービスを全て終了させていただく運びとなりました。
リリースより約1年間に渡りご愛顧いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
本サービスは終了致しますが、今後もPontaサービスをよろしくお願い致します。

2017年3月24日 更新

子連れで行って楽しめる!関西の水族館5選

関西にはたくさんの水族館がありますが、そのなかからお子さまにおすすめの施設を5つ紹介します。子どもと一緒に、海の生き物を見たりふれたりできる、楽しい知育スポットです。子連れに嬉しいポイントをチェックしてみてください。

28 view

3世代に愛される水族館「須磨海浜水族園」

File:Suma aqualife park in Kobe.JPG - Wikimedia Commons (41489)

Tomomarusan/CC-BY-2.5
 (46653)

(c) OpenCage/CC BY-SA 2.5
神戸市立須磨海浜水族園はイルカやラッコなど愛らしい生き物がたくさんいる水族館です。今年開業60年を迎え、親から子、孫へと3世代に愛されてきた神戸市民の憩いの場です。季節ごとに親子で楽しめるイベントが開催され、夏にはイルミネーション、冬にはこたつが登場します。併設する小さな屋外遊園地「プレイランド」でも楽しめますよ。

【営業時間】
午前9:00~午後5:00

【休園日】
臨時休園あり

【入園料】
大人1,300円、中人800円、小人500円、幼児無料

【所在地】
兵庫県神戸市須磨区若宮町1-3-5

【アクセス】
・ JR須磨海浜公園駅 徒歩5分
・ 山陽電鉄月見山駅 徒歩10分

・駐車場
なし(須磨海浜公園駐車場が利用可能)

須磨海浜水族園

須磨海浜水族園

見て聞いて触って楽しめる「海遊館」

 (46646)

663highland/CC BY-SA 3.0
 (46647)

MIKI Yoshihito/CC BY 2.0
海遊館には太平洋を再現した大水槽があり、大きなジンベエザメに会えるのが魅力です。見て、聞いて、触ることができる「新体感エリア」では、気温、音、においなど、それぞれの生息地に近い環境が再現されており、海の生き物の世界を間近に感じることができます。エリア内にあるサメとエイのタッチプールはお子さまにおすすめです。
【営業時間】
午前10:00~午後8:00(季節により変動あり)

【休館日】
なし

【入館料】
大人2,300円、子ども1,200円、幼児600円

【所在地】
大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

【アクセス】
・大阪市営地下鉄大阪港駅 徒歩5分

・駐車場
平日30分200円、1日最大1,200円
土日祝30分250円、1日最大2,000円

世界最大級の水族館 海遊館

世界最大級の水族館 海遊館
大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」。大きなジンベエザメたちが悠々と泳ぐ巨大な水槽や、自然を体感するエリアなどで、たくさんの感動に出会えます。ダイナミックな太平洋をめぐる旅へ出かけましょう。

地域の生態系を大事にする水族館「京都水族館」

File:京都水族館 イルカショー - panoramio.jpg - Wikimedia Commons (41497)

Toshimasa Kaige (tkaige)/CC-BY-3.0
 (46651)

aes256/CC BY-SA 2.1 JP
京都水族館は2012年にオープンした水族館で、京都の川などをモチーフにした展示が特徴です。近くで見ることができるオットセイ、チューブ状の水槽から顔をのぞかせるアザラシ、空を飛ぶように泳ぐペンギンなどがいます。ゆらゆらとゆれるクラゲの大型水槽やイルカのパフォーマンスも見ごたえがありますよ。

【営業時間】
午前10:00~午後6:00

【休館日】
なし

【入館料】
大人2,050円、大学・高校生1,550円、小・中学生1,000円、幼児600円

【所在地】
京都市下京区観喜寺町35-1

【アクセス】
・JR・近鉄・京都市営地下鉄京都駅 徒歩15分
・JR山陰本線丹波口駅 徒歩15分

・駐車場
未就学児を連れた家族、妊産婦などは梅小路公園おもいやり駐車場が利用可能

京都水族館

京都水族館
Just another WordPress site

海の動物にも陸の動物にも会える

「イルカ」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (43258)

みさき公園ではイルカやアシカ、ペンギンといった海の動物のほか、キリンなど陸の動物に会うこともできます。イルカショーや動物園のほかにも、夏のプール、遊園地、わくわく電車らんどなどがありますから、1日たっぷり楽しんでみてはいかがでしょう。イルカショーはバックに大阪湾が一望でき開放的な雰囲気です。みさき公園駅はバリアフリーなので、ベビーカーでも利用しやすいですよ。

【営業時間】
午前9:30~午後5:00

【休園日】
あり(公式サイトにてご確認ください)

【入園料】
大人1,350円、学生950円、子ども700円

【所在地】
大阪府泉南郡岬町淡輪3990

【アクセス】
・南海本線みさき公園駅すぐ

・駐車場
1日1,200円

みさき公園|南海電鉄

みさき公園|南海電鉄

海の動物たちとふれあえるテーマパーク

File:NankiShirahamaAdventureWorld.JPG - Wikimedia Commons (41503)

Outside147~commonswiki/CC BY-SA 3.0)
 (46652)

nakashi/CC BY-SA 2.0
アドベンチャーワールドは海、陸、空の動物たちとのふれあいが楽しめるテーマパークです。イルカやアシカのライブショーが行われており、ラッコやホッキョクグマがお食事する姿や、かわいいペンギンの様子も楽しめますよ。そのほかにも、大人気のパンダや、ライオンなどの肉食動物、鳥類などもいます。

【営業時間】
午前9:30~午後5:00(季節により変動あり)

【休園日】
あり(公式サイトにてご確認ください)

【入園料】
大人4,100円、中学・高校生3,300円、幼児・小学生2,500円

【所在地】
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399

【アクセス】
・JR紀勢本線白浜駅 バス10分

・駐車場
1日1,200円

Adventure World|アドベンチャーワールド

Adventure World|アドベンチャーワールド
海・陸・空の動物たち、自然とのふれあいをテーマにした和歌山県のテーマパーク

親子で水族館に行ってみよう

関西にある水族館は、昔から愛されてきた懐かしい水族館から、動物園も楽しめる複合施設までバリエーションが豊富ですから、どんな海の動物に会いたいかで選んでみてはいかがでしょうか。駅からの近さや駐車場の有無など、アクセスのしやすさで選ぶのもいいですね。

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

TiPon(ティップオン)|「日常がちょっと楽しくなるコツ」をお届け

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

家族サービスに!関西でおすすめのプール【5選】

家族サービスに!関西でおすすめのプール【5選】

夏に家族で楽しめるレジャー施設と言えば、プール。今回は関西でおすすめのプールをご紹介します。ウォータースライダーや温水プールだけでなく、宿泊施設と一体になったスポットもあるので、遠方から関西へのお出かけ場所としてもおすすめです!
ビズフル | 15 view
子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもと一緒にハイキングが楽しめる、関西のスポット4選

子どもがしっかり歩けるようになってくると、家族でのお出かけ先も広がりますね。小さい子でも安心して歩けるハイキングコースであれば、自然にふれながら体力もつくのでおすすめです。そこで、子どもと一緒に安心してハイキングができる、関西のスポットをご紹介します。
Chiik! | 22 view
子どもと一緒に潮干狩り♪安全に楽しむための持ち物リスト

子どもと一緒に潮干狩り♪安全に楽しむための持ち物リスト

潮の引く時間が徐々に長くなる3月中旬以降から楽しめる潮干狩り。水遊び、探検遊び要素があるので子どもも一緒に楽しめますね。荷物が増えがちな子どもとの潮干狩り。持ち物リストを作って必要なものを絞りたいところ。子どもとの潮干狩りを120%楽しむための持ち物リストです。
TiPon編集部 | 58 view
駅チカ!ゴールデンウィークに家族と行く関西のお出かけスポット

駅チカ!ゴールデンウィークに家族と行く関西のお出かけスポット

関西にお住まいの方の中には、ゴールデンウィークに家族でお出かけしようと計画を立てている方も多いはず。そこで今回は、ゴールデンウィークに家族と行く関西のお出かけスポットを5つご紹介します。最寄駅から徒歩すぐのスポットばかりなので、電車でのアクセスがおすすめです。
ビズフル | 20 view
2017年のゴールデンウィークは関西でレジャーを楽しもう!

2017年のゴールデンウィークは関西でレジャーを楽しもう!

GW中は各地で様々なイベントが行われており、おでかけするのにぴったりな時期。連休中は仕事を忘れて、家族や恋人と楽しんで過ごしましょう。今回は、家族や恋人と楽しめるGWに行くべき関西のおすすめスポットを5つご紹介します。
ビズフル | 27 view

この記事のキーワード

この記事のライター

Chiik! Chiik!